フォト
2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
無料ブログはココログ

« スペイン旅行その12ヨーロッパの砂漠 | トップページ | スペイン旅行その13トマト栽培 »

2012年1月 7日 (土)

明けましておめでとうございます。

お正月の壮大なテーマということで、朝日新聞に米歴史家ジャレド・ダイアモンド氏が登場しました(1月3日)。

福島の原発事故以後、人類の原子力発電に対する氏の意見が日本全体に伝わるのは初めてかと思います。

この記事の中で、雨の多い日本の気候を、いかに貴重なものかを強調しています。夏の間、日本の農業者は雑草と闘い、その生命力に悩まされますが、別の視点もあるのだと思いました。

冬の新潟は 雪か雨。大変な降水量です。12月にスペインにあるヨーロッパの砂漠地帯を訪れて、その目で、毎日の新潟の天気をみると、別の視点が浮かんできます。

田中角栄元総理は雪に悩む新潟県人を前に「雪というものは大変な富、財産である」と言ったそうです。

角栄氏も、ダイアモンド氏も広い視野の持ち主だと感心します。

« スペイン旅行その12ヨーロッパの砂漠 | トップページ | スペイン旅行その13トマト栽培 »

コメント

国保保険料:15年度から都道府県単位に集約 政府方針
696640

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1596951/43652129

この記事へのトラックバック一覧です: 明けましておめでとうございます。:

« スペイン旅行その12ヨーロッパの砂漠 | トップページ | スペイン旅行その13トマト栽培 »

最近のトラックバック