フォト
2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
無料ブログはココログ

2014年1月16日 (木)

キューバ旅行記その32 「ハバナ旅行最終日・革命広場」

333

キューバ旅行も最終日になりました。最後のホテルもベダード地区でここには革命広場があり、歩いて行くこともできます。

 

ホセマルティ記念館に入ってみました。中学生がいるだけで、観光客はいません。

» 続きを読む

キューバ旅行記その31「トリニダード旅行・ ハバナへ帰ります」

803

トリニダードのバスステーション

田舎のトリニダードにはトラックを改造したようなバスが運行しています。外国人の多い首都ハバナには中国製の新しいバスが走っていますが、首都と地方とは別の世界かもしれません。

» 続きを読む

キューバ旅行記その30「トリニダード旅行・カサパティクラル(民宿)

066

道路に面したトリンダードのカサパティクラル(民宿)

 世界遺産の町、トリニダードに外国人観光客の長距離バスが到着すると、たちまち観光客はカサパティクラル(民宿)の客引きに取り囲まれます。

トリニダードの最終日は初めてカサパティクラルに泊ってみました。

カサパティクラルは日本語にすれば「特別な家」。各家庭の一部を民宿にする制度です。民宿の入り口には小さなマークがあります。トリニダードの町は19世紀のままですからカサパティクラルも150年前の建築です。窓の鉄格子がいかめしい印象です。

 

 

» 続きを読む

キューバ旅行記その29「トリニダード旅行・ 耕作放棄地」

723

耕作放棄地を覆うマラブー(El Marabu)

 

山国の日本から見るとキューバは平坦な地形の島で、農地に恵まれているように見えます。キューバは移民の国。そこに導入された農業はサトウキビのモノカルチャーです。サトウキビによる製糖産業は19世紀には世界一の産地になりました。19世紀末の独立戦争によりそれが崩壊すると,モノカルチャーゆえサトウキビ農地は放棄されました。

農地が放棄されると、やっかいなマラブーという雑木に直ぐ覆われます。

» 続きを読む

キューバ旅行記その28「トリニダード旅行・ロスインヘニオスバレー」

768

トリニダードからインヘニオスバレーに行くヂーゼルカー

 

19世紀に沿線インヘニオスバレーの製糖工場で生産された砂糖をトリニダードの港まで運んだ鉄道があります。製糖産業が崩壊したいま、古めかしい線路を観光列車が走っています。

 

» 続きを読む

キューバ旅行記その27 「トリニダード旅行・米の選別」

289
米の選別

トリニダードの町をあるいていたら道路わきで米の選別をしていました。

買ってきた米は石など異物が混じっていてそのままでは食べられないようです。キューバのホテルでも米は良く出されています。

軽作業とはいえ大変な手間のかかる家事です。

» 続きを読む

キューバ旅行記その26「トリニダード旅行・乗馬ツアー」


146


ツアーガイド

リニダードは人口3万人ほどの小さな町です。

町には外国人観光客が多いのですが、町を少し離れると何もない放牧地です。西部劇のような馬の世界です

» 続きを読む

キューバ旅行記その25「トリニダード旅行・トリニダード市街」

045

トリニダードの町並み

キューバの人種構成は白人25%黒人25%混血50%だそうです。

黒人を見かけない日本からキューバに行き、多くの黒人をみると、どうしても奴隷制度の歴史を思い起こします。日本人は大変目立つてチーノ(中国人)と呼ばれます。トリニダードは黒人の割合がハバナより多く感じられます。

 

» 続きを読む

キューバ旅行記その24「トリニダード旅行・イグアナの島」

510

カヨブランコの浜。無人島です。

ボートツアーはこの島で半日のんびりできます。

» 続きを読む

キューバ旅行記その23「トリニダード旅行・カヨブランコ ボートツアー」

531
カヨブランコ島

海岸のマリーナからトリニダード沖合のカヨブランコ島に行くヨットツアーがあり参加しました。ボートにはシュノーケルが装備されていて、ダイビングスポットにも連れて行ってくれます。

» 続きを読む

«キューバ旅行記その22「トリニダード旅行・海岸リゾートホテル

最近のトラックバック